指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)

料金表

料金表Orthodontic Fee

矯正治療費の内訳

初診相談料 (初診時) 2,000円(税込2,200円)
検査料 (検査時) 50,000円(税込55,000円)
診断料 (診断時) 20,000円(税込22,000円)
基本料 (装置装着時)
(A)成長期のお子さまの矯正治療
第1期矯正治療:混合歯列期 400,000円(税込440,000円)
第2期矯正治療:永久歯列期
(セラミックブラケットを使用)
300,000円(税込330,000円)
(B)永久歯列期での矯正治療(セラミックブラケットを使用)
小学校高学年から成人の方の矯正治療  700,000円(税込770,000円)
(C)舌側矯正治療(リンガルブラケットによる矯正治療)
上のみ裏側(下は表側) 950,000円(税込1,045,000円)
上下とも裏側 1,200,000円(税込1,320,000円)
(D)マウスピース型カスタムメイド矯正装置
(インビザライン)による矯正治療
750,000円(税込825,000円)
(E)部分的な矯正治療 150,000円(税込165,000円)〜350,000円(税込385,000円)
診察料 調節料(動的治療時の診察料) 5,000円(税込5,500円)
観察料(保定治療時の診察料) 3,000円(税込3,300円)
  • 基本料にはすべての装置、治療途中に行う検査の費用が含まれます。
    費用は治療の難易度および使用する装置により若干異なります。
  • セラミックブラケット(審美的な金具)、歯みがき指導について追加の費用はありません。
  • 口唇裂・口蓋裂に伴う不正咬合の矯正治療については、保険が適用されます。

当院での矯正治療費のシステム

price_02当院での矯正治療費は国立大学附属病院に準拠しており、上記のように治療のステップごとの算定になります。

当院ではトータルチャージ(費用の一括支払い)は採用しておりません。

それには、2つの理由があります。「患者さまにご理解、ご了解をいただきながら矯正治療を進める(インフォームドコンセント)ため」。そして、「きれいで安定した歯並びになっていただくまで責任をもって治療するため」です。

医療費控除について

ご本人、またはご本人と同一生計にあるご家族にかかった医療費の合計が、年間(1月1日~12月31日)で10万円(あるいは、総所得額の5%)を超える場合、その超過分が医療費控除の対象になります。
成人の方については、所轄税務署から矯正治療に関する治療証明書の提出を求められる場合がありますが、当院では無料で発行しております。

休診のお知らせ

秋らしい天候となってまいりました。またコロナ禍も収まりつつありますが、皆さま、くれぐれもご体調には気をつけてお過ごしください。

当院では十分な感染対策を行って皆さまのご来院をお待ちしています。どうかご安心してご通院ください。

 

 

診療カレンダー

お気軽にご相談下さい

ご予約はお電話にてお願いいたします。(要予約)

PAGETOP